株の投資顧問Ranking

IPO株ってどうすれば買えるの?

IPO株は上場初日に値上がりする確率が高い事から人気がありますが、実際に購入するには一定の準備と運が必要になります。
基本的な買い方はどの証券会社でも同じですが、IPO株の取引に有利な会社と不利な会社がありますので、よく考えて準備するべきです。

まず、IPO株を購入するにはIPO株を取り扱っている証券会社に取引口座を作る必要があります。
IPO株を購入する為に、特別な資格は必要ありません。
普通の株式取引用の証券取引口座を作れば、それでその証券会社が取り扱うIPO株を購入可能になります。

次に、取引に必要な資金を証券取引口座へ入金する必要があります。
IPO株を購入するには、株価に応じた購入費用が証券取引口座に入っていなければ証券会社に購入手続きを受け付けてもらえないからです。
証券会社によって条件は異なりますが、先に購入手続きを行い、決められた期日までに購入資金を入金しておけば良い場合もあります。
取引用の資金を証券取引口座へ入金した後は、公募されているIPO株に需要申し込みを行う形になります。
IPO株の購入は需要申し込みだけでは不十分で、抽選を経て当選した場合に購入が可能になります。
晴れて公募されている銘柄の抽選に当選した場合は、IPO株の購入が可能になります。

ここまでたどり着いたら、後は証券取引所に上場した当日に初値で売却するだけです。
あまり高い値段を狙っても、天井値で売る事は難しいものです。
少し下がり始める辺りを狙って売却するのが、賢い売却方法になります。

このように、IPO株の購入方法は簡単であり、誰でも挑戦する機会があります。
証券会社に証券取引口座を開ける方であれば、IPO株の取引に強い証券会社を選べば投資機会が多く得られるでしょう。
必ずしも1つの証券会社で口座を開く必要はなく、複数の会社の口座を開いてより多くの公募に需要申し込みをする事も可能です。
抽選に当選しやすくなる重要なテクニックになりますから、上手に利用すると良いでしょう。

証券会社毎に株が割り当てられ、さらに投資家内で抽選

IPO株が投資家に購入されるまでの流れは、まず証券会社毎に株が割り当てられる事から始まります。
例えば、これから東証1部に初上場する企業があったとしましょう。
この時、証券各社に株が行き渡る事になりますが、主幹事となる証券会社には多い割合の株が割り当てられます。
この為、同じ企業のIPO株の公募であっても、主幹事となる証券会社の公募に申し込んだ方が当選する確率が高く、有利になるでしょう。

次に、各証券会社に割り当てられた株は、証券会社毎の方針に従って抽選が行われます。
当然の事ですが、ここで証券会社によって当選しやすい条件が違います。
仮に、東証1部に初上場する事が決まって注目を集めている有望な企業があるとしましょう。
既に証券各社に株は割り当てられていますが、その全てが平等な抽選に回される訳ではありません。

例えば、ある証券会社は多くを店舗販売に回して、ネット証券で販売するのは全体の一部という事もあります。
また、証券口座に入金している額や、取引額に応じて当選確率が変化するという仕組みを利用している証券会社もあります。
この他にも、ポイント制を導入してIPO株の抽選に挑戦する機会の多い方ほど有利という証券会社もあるのが実情です。

ただし、条件付きの抽選には、自分が条件に一致していれば当選確率が高まるというメリットもあります。
ポイント制を採用している証券会社は、比較的資金量が少なくても当選しやすい事が特徴です。
また、完全に平等な抽選方式を利用している証券会社は、口座の数が物を言うでしょう。

自分だけでなく、家族も投資活動をしている場合は当然ながら皆で需要申し込みをする事で、当選確率が高まります。
こうして抽選を経て当選した幸運な方が、IPO株を購入する権利を獲得し、値上がりの期待される銘柄を優先的に購入できます。
初値が必ず高くなるとは限りませんが、現在は値上がりする事例が多く、当選さえすれば利益を得やすいでしょう。
IPO株で利益を得たら、また次の公募に需要申し込みをしてより多くの資金でより多くのIPO株のチャンスを狙えるようになります。