株の投資顧問Ranking

投資信託のメリットとデメリット

現在は超低金利の時代ですので、貯蓄だけで資産を増やすのは困難となっています。
そこで、短期間により多くの利益を上げるために投資を始める人も増えています。
投資にも様々な種類がありますが、特に初心者向けと言えるのが投資信託です。
古くから人気の金融商品ですが、取引を始める前には、まずはそのメリットはもちろん、デメリットがないかもよく確かめておきましょう。
その仕組みも理解しておきたいですが、投資信託では投資家から集めた多くの資金をひとつにまとめ、専門家が株や債券を運用するという金融商品です。

まず、メリットとしては投資信託は少額から始められるということがあげられます。
株式や債券などは数十万から数百万円などまとまった資金が必要となりますが、投資信託は1万円程度から始めることができるため、自己資金が少ないという人にも無理なく始めることができます。
最近は100円から始められる商品も登場しており、誰もが気軽に参加できるようになっています。
とはいえ、投信の運用は初心者では難しいというイメージもありますが、投信は本人ではなく運用のプロであるファンドマネージャーが行うので経済や金融の知識が乏しい人も安心です。
一つの銘柄にだけ投資してしまうと値下がりしたときに大きな影響を受けることとなりますが、投信なら複数の銘柄に資金を分けて運用ができます。
そのため分散投資でリスクを抑えられるのもメリットです。

株式や債券を個人で運用する場合は投資する銘柄を自分で選び判断していくこととなりますが、投資信託ではファンドマネージャーが投資の判断をする分、一人で悩む必要がなくなります。
また、個人では扱うのが難しい海外の株式や債券などに投資できるのも投資信託のメリットです。
株やFXを個人で行うとなると値動きをチェックしたり、情報を収集したりと何かと手間も掛かりますが、投信ならそうした作業を行う必要もありません。
素人の運用ではなく、プロによる投資です。
その分、損失を受けるリスクも抑えられています。

「投資信託は元本が保証されていない」ので注意

メリットも多い投資信託ですが、やはり資産運用にはリスクやデメリットもあります。
運用がうまく行っているときは順調に利益を得ていくことができますが、その反対になると損失が膨らんでしまう可能性もあります。

まず、預金の場合は元本の保証がありますが、債券や株式は値動きがありますので、元本保証はありません。
基準価額に影響を及ぼすリスクとしては価格変動や為替変動、金利変動リスクなどがあり、受取金額が元金を下回ってしまう場合もあります。
投資は資産を増やす目的で行いますが、必ずしも毎回利益が得られるというわけではなく逆に資産が減少する可能性があることは理解しておきましょう。
リスクはありますが、その反面運用がうまくいけば大きな利益が得られるチャンスがあることは元本保証がある預金にはない魅力です。

さらに運用の際は信託報酬と呼ばれる手数料も必要となります。
信託報酬は管理手数料とも呼ばれており、保有している間はずっと必要となります。
それゆえ長期で運用するとなると意外と大きなコストとなってしまうこともありますので、注意しましょう。

余計な手数料は払いたくないと感じる人もあるかもしれませんが、実際の運用はプロに任せることとなるため、専門家に対する経費も必要です。
そして値下がりしたから解約したいと考えていても、解約の際にも手数料が掛かってきます。
個人で資産運用を行っていてもやはり手数料は必要ですが、運用を他の人に任せる投資信託はより多くのコストが掛かるということも始める前には知っておいたほうがよいでしょう。
手数料はできるだけ少ない方が良いですが、ファンドにより手数料も違ってきますので、コストを抑えるためにもじっくり比較して選びましょう。