株の投資顧問Ranking

初心者にはリスキーな仕手株銘柄への投資

仕手株銘柄への投資への投資はリスキーですが、あたれば普通ではありえないほどの利益を出すことができます。
仕手株というのは仕手という価格操作集団が買い上げている銘柄のことです。
なにか理由があって上がっている銘柄は仕手ではありません。
たとえば、有名な企業と提携をしたとか、新商品を開発したとかいう理由で上がっているのなら、理由のある上げです。
仕手株にはそういった上昇理由はありません。

逆に、上昇トレンドにのっているように見えるチャートを発見したとき、なぜ上昇をしているのかを調べてもなにも出てこないとき、仕手株である可能性を疑いましょう。
初心者の人は仕手株には手を出すべきではありません。
実際の株価よりもはるかに高い価格で買うことになるからです。
上級者ならば仕手筋を読んでうまくそれにのることができますが、その難易度はかなり高いです。

しかし、株式投資において短期間で大きな利益を出そうとすると、仕手株銘柄は大変魅力的です。
一般的に、株価が急騰するということはそれほど多くあることではないからです。
企業が短期間で一気に成長するということはあまりなく、通常は時間をかけて少しずつ成長していきます。
例外的に画期的な新商品を開発した場合などには株価が急騰することもあります。
しかしそれは運の要素がかなり絡んできます。

最新のニュースを手に入れるようにしていることはほとんどの投資家がやっています。
ニュースを手に入れてから株を買おうとしても、すでに上がってしまっていることが多いでしょう。
株式投資初心者は情報収集能力においても上級者に比べると経験が足りていません。
将来有望な企業に投資をして、じっくりと待つというのがセオリーでしょう。

どうしても短期間で利益を出したいのならば、リスキーな仕手株も選択肢にあがってきます。
仕手筋をうまく読むことができたら、短期間で大きな利益を出せるという意味では魅力的です。
逆に失敗してしまったら大きな損失が出てしまいます。

仕手筋がいつ高値で売り逃げるか分からない

仕手が目をつけるのはあまり注目されていない銘柄です。
仕手は大量のお金を持っていますが、それでも有名企業の銘柄の価格を大きく押し上げるほどの力はありません。
まだそれほどお金が入っていないような銘柄が仕手のターゲットになりやすいです。

仮に、6ヶ月後には倒産をしてしまうような先のない銘柄があったとしましょう。
6ヵ月後には無価値になってしまう銘柄なので、だれも買いません。
ところが、仕手が介入をして価格を押し上げていました。
普通ならこのようなリスキーな銘柄に飛び乗る投資家はいないのですが、仕手の動きを利用して利益を出そうとする投資家もいます。

そこで重要なのは、仕手が高値で売却するタイミングを予想することです。
チャートが綺麗な上昇トレンドを描いていると騙されて購入してしまう人がいます。
そういう人をできるだけ集めた後で、仕手はすべての株価を売却して逃げてしまいます。

仕手が売り逃げるタイミングを予想することはとても難しいです。
上級者ならば仕手の考え方を熟知しているのでうまく利益を出せる可能性は高いでしょう。
しかし初心者の人にとってはほとんどギャンブルです。
大きな利益を出そうとして逃げるのが遅れるほど損失も大きくなります。

もしも逃げ遅れてしまったら、挽回のチャンスはほぼないでしょう。
ここでは6ヶ月後に倒産をして無価値になってしまうような銘柄を想定していますので、逃げ遅れたら投資したお金がほぼすべて無価値になります。
仕手筋に乗っている人はだれもが「いつ逃げるか」を考えています。
仕手は企業の価値に投資をしているわけではなく、価格操作を行っていますので、ただのお金の取り合いのギャンブルと言えます。
運と実力がない人がお金をとられてしまうので、初心者にはおすすめできません。