株の投資顧問Ranking

低位株やボロ株で一攫千金を狙え!

東証にはおよそ3600の会社が上場していますが、その株価や1日の取引量は会社ごとに異なります。
中には1株が数万円し単元が100株単位では、売買するのに数百万の資金が必要な高額なものから、1株が数十円で単元が100株単位でも5000円程度で取引ができるものまでさまざまです。
株価が数百円程度で取引をするのにも数万円程度のものを低位株と言います。
さらに安いものはボロ株とも呼ばれています。

こうした低位株やボロ株は少ない資金で売買をすることができることから、資金力の弱い個人投資家にも人気がありますが、大きな資金力を持った投資家やヘッジファンドが、価格操縦のために売買をすることもあります。
普段はほとんど値動きがない銘柄が突然動き出した場合、こうした投資家によって価格が操作されていると考えてよいでしょう。
このようにギャンブル的な投機の舞台に上がる株を「仕手株」と呼びます。
低位株の中でも特に普段値動きのなく、流動性の低い株ほど狙われる可能性が高くなります。

仕手株を作り上げる目的は投機的な資金を集めて、目的とした価格で売り抜けるためです。
大きな値動きになれば値上がり率ランキングにも食い込んで切るため、より多くの投資家が注目することでしょう。
中にはデイトレーダーのように短期取引で利益を上げたいと考えている人もいるため、大量の資金が流入するのです。
企業の業績を無視して市場心理だけで値動きが形成されるため、どの程度上昇するか判断することは難しく、売り時を逃すと暴落に巻き込まれることもあります。
上昇が数日間続くこともあれば、当日中に暴落することもあります。

一方1株の売買に必要な金額が大きな銘柄では仕手株になりにくいでしょう。
価格を操縦するためにも多額の資金が必要となるため、市場参加者が多ければ意図的に価格を上げたり下げたりすることが難しくなり、失敗してしまえば損失となるリスクがあるからです。
証券価格と流動性を見て取引をすると良いでしょう。

ほんの数週間や数か月で何倍にも株価が膨らむ

低位株ではこのように仕手株になることで短期間に利益を上げることができるだけでなく、企業の業績が理由で安定した上昇をすることもあります。
もともと証券価格が下落していたのには何かしらの理由があることが多く、問題が解決することで値上がりトレンドに戻るのです。
中には倒産寸前の会社が奇跡の復活を遂げることもあり、そのような株は数週間や数か月で大幅に株価が膨らむこともあります。

低位株を選ぶ場合はどのような理由で株価が下落しているのか見極めなくてはなりません。
企業のIR情報や会社の名前を検索してみれば何かしらの情報をキャッチすることができるでしょう。
特に倒産しそうな会社の場合はリスクも高くなります。
復活すれば大きな利益になりますが、そのまま倒産してしまうと株はボロくずになってしまうからです。

特に有利子負債や自己資本比率に注目しておきましょう。
負債の多い会社は支出も多いため、キャッシュフローが悪化すれば倒産リスクが高まります。
東証に上場しているような大きな企業でも不況のときには倒産件数が多くなり、とりわけ不況に弱い不動産や建築業界の倒産が目立ちます。
東証からも上場廃止の危険がある会社は警告が出されるので、取引前に確認しましょう。

現物取引しかしていない人の場合は不況の時こそ取引チャンスになります。
多くの株価が下落するため購入しやすく、実際の企業価値よりも下落している銘柄を見つけやすくなるからです。
株価が高い状態で何倍にも膨れ上がることは難しいので、長期間保有して何倍にもしようと思っているのであれば、数年に一度訪れる不況のタイミングを利用すると良いでしょう。
ただし将来倒産するリスクが低いかどうか企業研究を重ねて置く必要もあります。