株の投資顧問Ranking

株価が安い時に株式を購入して、株価が上昇した時点で売却をして利益を得るのが、株式投資の基本となります。
ただし日本の株式市場には現在3600種類以上の銘柄が上場していますし、さらに海外株や投資信託などを購入することもできますので、特に株式投資の初心者は銘柄選びで困ってしまうことが多いようです。
株式投資で困った場合には、投資顧問ランキングを参考にしてみてください。
投資顧問会社を活用すれば、株式投資に関する様々なアドバイスを受けることができます。

投資顧問ランキングとは何か?

投資顧問会社は株式投資のアドバイザーであり、投資に関する様々な助言を受けることができます。
投資顧問会社には株式投資を知り尽くした、経験豊富なプロフェッショナルが在籍しています。
初心者には難しい銘柄選択や売買のタイミングに関する、的確なアドバイスを受けることができるのです。

投資顧問会社にはそれぞれに得意とする分野があります。
利用する際には自身の投資スタイルに合わせた、適切な投資顧問会社を選んでください。

それぞれの投資顧問会社の特徴を知るためには、投資顧問ランキングを活用しましょう。
様々な投資顧問会社をランキング形式で紹介するのが投資顧問ランキングであり、多くの投資家からの人気を集めている投資顧問会社をランキング形式で手軽にチェックすることができます。
投資顧問ランキングではそれぞれの投資顧問会社のサービス内容や特徴、さらに口コミや評判などを紹介していますので、じっくりと比較・検討をしてみてください。

投資顧問会社のサービスの詳細については、まずはレポートの内容を確認してみましょう。
レポートは投資判断の直接の材料となる重要な情報であり、投資の結果を大きく左右することになります。
誰が実際にレポートを書いているのか、作成者を明確にしている投資顧問会社を選ぶのが良いでしょう。

さらにレポート作成者のこれまでの履歴などについても、詳しくチェックしてみてください。
大手投資会社や大手情報会社などの職歴を経験したレポート作成者であれば、信頼度が高いと判断することができます。
投資顧問会社を実際に利用した人の口コミや評判なども、重要な判断材料になります。
良いという意見だけではなく批判的な意見についても、じっくりと確認をしてみてください。

投資顧問会社には無料情報と有料情報がある

投資顧問会社では利用者に対する各種情報の提供やアドバイスなどを行っていますが、これらの中には有料のものと無料のものとがあります。
無料の情報はホームページの閲覧や、あるいは無料会員への登録で利用することができます。
一方の有料情報は有料会員が対象となり、情報を閲覧するためには有料会員への登録や情報料の支払いが必要になります。

投資顧問会社では利用者に自社のサービスを知ってもらうために、各種無料情報を提供しています。
各社が提供する情報をしっかりとチェックして、投資顧問会社を選ぶための参考として活用してみてください。
具体的な銘柄情報の提供を行っている場合には、その後の株価の動きなどをフォローして、情報の正確性や確実性をチェックしてみるのがおすすめです。

一方の有料情報は無料情報とは異なり、有料会員に登録した人だけを対象とした一般には非公開の限定情報となります。
株価の値動きには投資家の心理が及ぼす影響が大きく、重要な情報を幅広く一般に公開すると情報そのものが株価を左右してしまうため、本来得られるはずであった利益が得られなくなってしまう可能性があるのです。
そのため投資顧問会社では有料会員を募集して、重要な情報を一部の人たちに限定して公開することで投資の確実性を担保しています。

必要な費用は投資顧問会社ごとにそれぞれ異なりますが、月額数千円から数万円程度の費用が設定されていることが多いようです。
費用が安いのか高いのかについては利用する人の価値観次第となります。
情報を参考にすることで株式投資でより多くの利益が得られるのであれば、投資顧問会社に支払う費用には十分な価値があるといえるのではないでしょうか。

投資スタイル等で投資顧問会社の強みが異なる

投資顧問会社といってもその実体は様々であり、一部には信頼性に欠ける業者なども存在するようです。
投資顧問会社を選ぶ際には、くれぐれも信頼できる確かな業者を選ぶようにしましょう。
金融商品取引法という法律により、投資助言・投資代理業務を提供する投資顧問業を日本国内で営む場合には、金融庁への届出を行って許可を得ることが義務付けられています。

金融庁では正規の届出に基づいて営業を行う金融商品取引業者の一覧表を、公式ホームページ上でPDFファイルの形式で公開しています。
投資助言&代理業の項目に丸がついているのが投資顧問会社になりますので、有料会員への申し込みを検討する際には、利用したい業者が一覧表に掲載されているかどうかを確認しましょう。
一覧表に掲載されている業者であれば、信頼できる投資顧問会社だと判断することができます。

現在金融庁に届出を行って営業する金融商品取引業者は、合計で1800社程度となっています。
近年では新規の届出を行っても認可されないことが多いため、認可を受けた休眠中の業者を買収して営業を開始する投資顧問会社が増えているようです。
投資顧問会社の多くは投資助言&代理業に加えて、第一種金融商品取引業または第二種金融商品取引業(あるいは両方)の登録を行っています。

第一種金融商品取引業とは有価証券の売買等や店頭デリバティブ取引や元引受けなどを行う業務のことです。
第二種金融商品取引業とは集団投資スキーム持分等の自己募集やみなし有価証券の売買や市場デリバティブ取引などを行う業務のことになります。
投資顧問会社の強みはそれぞれに異なりますので、投資スタイルなどにあわせた最適な業者をじっくりと選んでみてください。

自分の投資スタイルとも勘案して投資顧問会社を選ぼう

株式投資には様々なスタイルがありますので、自分の投資スタイルを勘案した上で投資顧問会社を選ぶことが重要になります。
短期間での値上がりを狙う短期投資のスタイルの人が長期投資の業者を利用しても、あまり良い結果は得られないでしょう。
同様に長期投資のスタイルの人が短期投資の業者を利用しても、やはり良い結果は得られないということになります。

投資顧問会社を選ぶ際には、自身の投資スタイルと業者の投資スタイルのマッチングを慎重に検討してください。
投資スタイルについては短期なのか長期なのか以外には、順張りなのか逆張りなのかが重要になります。
順張りは値上がりを続ける好調な銘柄に投資をして、さらなる株価の上昇を狙う投資スタイルです。
一方の逆張りは株価が下落を続ける銘柄に投資をして、業績の回復などによる株価の再上昇を狙う投資スタイルになります。

投資顧問会社の投資スタイルを知るためには、まずは無料会員に登録してみるのがおすすめです。
無料会員に提供される情報は一部のみに限られますが、限られた情報でもある程度の傾向を知ることができます。
複数の業者の無料会員に登録をして情報をフォローすることで、自分の投資スタイルに合致する業者かどうかが自然にわかるはずです。

自分にピッタリな投資顧問会社が見つかったら、有料会員に登録してみましょう。
一定の期間有料会員のサービスを体験できる業者や、一定期間内に退会すれば料金全額の返金が受けられる業者などもありますので、まずは気軽に登録をして実際に情報の内容などを確認してみてください。
試してみて結果がイマイチであれば退会をして、別の業者に乗り換えるという選択肢もあります。
投資顧問会社を上手に活用して、株式投資を成功させるために役立てましょう。